阪神サイン盗みの動画や画像は?近本選手の動きに注目で一触即発!

サイン盗み

阪神対ヤクルト戦で阪神の近本選手がサインを盗んだのでは?と話題になっています。

近本選手の実際の動画や画像はどうなっているのか?

また、矢野監督と高津監督が一触即発となったが実際のところサインは盗んだのか?

阪神サイン盗みの動画や画像についてお伝えしていきます!


阪神サイン盗み疑惑の動画と画像

上記が実際の動画です。

近本選手の左手の素振りが「サイン盗み」ではないのか?と疑われたシーンです。

二塁ランナーでも近本選手が左手を上げてアピールする事で打者へ「インコースにくるぞ!」というジェスチャーに見えない事もないですが、サイン盗みが禁止されている事が分かった中で、近本選手がこんなに大きな分かりやすいジェスチャーで伝えているとは考えにくいと思われます。

あくまでも、この左手の仕草は2塁ベースへの距離感を測っている仕草であり、近本選手のいつものクセでもある様です。

7月6日(火)阪神対ヤクルト戦の、場面は4-0と阪神がリードした中で迎えた5回二死一、二塁で打席に佐藤輝を迎えた場面で、両者白熱した場面でもあり、ヤクルト側もかなり神経質になっていたと思われます。

ちなみにこの試合は、阪神が5対1で勝利しました。

ヤクルト村上選手と阪神ベンチとも一触即発

サードを守っている村上選手と阪神ベンチとも言い合いが起こっていました!

三塁審判や阪神のサードコーチが止めなければ…というシーンです。


阪神矢野監督とヤクルト高津監督も口論

矢野監督の怒りがおさまらない形で、審判を挟んで高津監督との口論がされていました。

阪神ベンチからは「ゴチャゴチャ言うなや!絶対やってへんわ! ボケ! アホ!」」との怒声が飛んでいた様です。

実は、4月18日の阪神ーヤクルト戦(甲子園球場)での際も、藤浪の死球をきっかけに「警告試合」が宣告されており、遺恨が残っていたところに、今回の疑惑を指摘され、阪神側も怒りが爆発してしまった様です。




シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です