道立釧路江南高校の場所と偏差値は?大学推薦入試の願書出し忘れた理由!

釧路江南高校の大学推薦願書

教諭のミスで高校3年生の生徒1人が大学推薦入試に受験できなかった事が発覚しました。

願書を出し忘れた教諭がいる学校は北海道の道立釧路江南高校です。

生徒にとって人生が変わるかもしれない、大学推薦入試の願書を先生が出し忘れてしまう事はあってはならないです。

なぜ大学推薦入試の願書を出し忘れてしまったのか?また、道立釧路江南高校の場所や偏差値など、どのような高校であるか?

教諭のミスで高校3年生の生徒1人が受験できなった、道立釧路江南高校について検証していきます。


道立釧路江南高校の教諭が大学推薦入試の願書を出し忘れた経緯

【goo blogより出典 上記写真は道立釧路江南高校】

釧路江南高校の教諭が願書出し忘れた件は下記になります。

【北海道】道立釧路江南高校(釧路市)で、教諭が大学の推薦入試の願書を提出期限までに送らなかったミスがあり、3年生の生徒1人が受験できなくなっていたことが、10日わかった。道教育庁釧路教育局によると、同高校では昨年10月上旬、この生徒が進学を希望した札幌市の大学に学校推薦することを決めた。その後、大学から関係書類が届いていたが、12月上旬、生徒の担任が願書の提出漏れに気付いた。出願期限は11月下旬だった。書類は進路指導部の教諭が一般資料の棚に置いていた。高校側は大学に事情を説明したが推薦入試の受験は認められず、本人や保護者に陳謝した。教育局は「進路指導部と担任の連携に落ち度があり、担任も確認すべきだった」としている。道教委にも報告され、対応を検討中という。

朝日新聞より

11月下旬までに大学側に出さないといけない願書を教諭が出し忘れていました。

12月上旬に提出漏れに気づき、大学側に事情を説明するも受験を認められない結果となりました。

何より悲しいのは希望大学の推薦入試を受けようとがんばっていた生徒が、入試を受けれなかったという事です。

学校側にとっては何十人、何百人いる生徒の1人だったかもしれませんが、忘れていたでは済まされない絶対に起きてはならない事です。

北海道釧路江南高等学校の場所や特徴

【道立釧路江南高校公式HPより】

釧路江南高校の場所や詳細については下記になります。

道立釧路江南高校
  • 学校名:北海道釧路江南高等学校(ほっかいどうくしろこうなんこうとうがっこう)
  • 住所:北海道釧路市光陽町24-17
  • 設立年月日:1919年
  • 国公私立の別:公立学校
  • 共学・別学:男女共学
  • 単位制・学年制:単位制 学期:2学期制
  • 設置学科:普通科(全日制課程)
  • 北海道釧路江南高等学校の公式HPはこちら

部・局・同好会への加入率は96.5%(HP参照)となっており、進学校でありながら全国大会へ出場している部活動もあり、文武両道をめざす学校となっています。


北海道釧路江南高等学校の偏差値

北海道釧路江南高等学校の偏差値は「55」となっており「北海道内公立337件中41位」となっています。(みんなの高校情報サイト2021年度版より)

詳しく知りたい方は「みんなの高校情報サイト」をご確認ください。

地元の進学率が高いようで、私立大学であれば北海学園大学や札幌大学が多く、国公立では「北海道大学」や「小樽商科大学」に毎年数人進学している様です。

釧路江南高等学校の教諭が大学推薦入試の願書を出し忘れた理由

生徒は「昨年10月上旬」には札幌市の大学に学校推薦することを決めています。

その後、生徒の担任が願書の提出漏れに気づいたのは12月上旬との事で、生徒が学校推薦を決めてから2か月経過しています。

また、「書類は進路指導部の教諭が一般資料の棚に置いていた」と報道しています。

大学から関係書類が届いていたが、12月上旬、生徒の担任が願書の提出漏れに気付いた。出願期限は11月下旬だった。書類は進路指導部の教諭が一般資料の棚に置いていた。

結論としては2つ大きな人為的ミスがあったのだと思います。

  • 担任の大学推薦願書に対する意識(重要性・注意力)の不足
  • 進路指導部の教諭が大学から届いた資料(願書)を一般資料棚に置くという単純ミス(恐らく、大事な資料は直接担任に渡すか願書専用の棚みたいなのがあったと思われます)

進路指導部が資料(願書)を置く場所を間違えたのかもしれませんが、それでも、生徒の担任が書類が届いていない事を不審に思わなかったのでしょうか?

生徒にとっては一生に一度かもしれない、大学推薦入試に対する担任の意識が、単純に欠けていたと感じてしまいます。

調べたところ、釧路江南高校以外にも毎年数件全国で確認されてる事が分かりました。

学校側に責任がある事は間違いないですが、任せていてもミスが起こり続けている事を考えると、生徒や保護者側も、何日までに願書を提出しなければならないのかを聞いたり調べたりしておく事も重要な事だと感じました。


釧路江南高等学校の教諭が願書出し忘れによる世間の声

「これはヒドイ」「以前もあった」「願書は生徒が出す様にするべき」という声が多くあがっていました。

これは酷い…。もう3月だけどもまだ対応検討中なの?今の時期に進路定まらずだとあまりにも可哀想。その子も、その子の家族も人生設計も狂いますよね。訴えても良いレベルだと思います。

こういうことがあるから学校を通して受験するの嫌なんだよな。

三年前もありました。部活で頑張り、大学推薦認められ。先生の願書提出忘れ。ご両親も子供も辛いのに、先生を責めず。子供にも人生こんなこともあるんだよと伝え。いつも尊敬するご家族です

そもそも、大学に願書を出すのは最終的に生徒側にさせるべき。学校がそこまで責任を負うこともないし、こういうとき生徒はやりきれない。

だからさ、願書は、生徒側で出した方がいいんだって。結構こういうニュース少なくないですよ。工業高校の資格試験の願書提出し忘れとか。

同じ様なミスを起こさない為にも、願書は生徒が出す様にするなど、学校側がシステムを変えていく必要がある様に感じます。




シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です