丸洋子の自宅場所と殺害動機は介護が理由?茅ケ崎市菱沼で夫をのこぎりで殺害!

丸洋子

茅ケ崎市菱沼で妻が就寝中の夫をのこぎりで首をきりつけて殺害したとして逮捕されました。

逮捕されたのは丸洋子容疑者76歳です。

長年の恨みがあったと証言していますが、事件が起きた丸洋子容疑者の自宅はどこだったのか?また、のこぎりで殺害する程の動機とは何だったのか?

茅ケ崎市菱沼で丸洋子容疑者が夫を殺害した事件について検証していきます!


茅ケ崎市菱沼で丸洋子容疑者がのこぎりで夫を殺害した事件

丸洋子容疑者が今回起こした事件は下記になります。

就寝中の夫を殺害したとして、神奈川県警茅ケ崎署は6日、神奈川県茅ケ崎市菱沼3、無職、丸洋子容疑者(76)を殺人容疑で逮捕した。「昔からお金を入れてくれなかったり、暴力を振るわれたりした」と容疑を認めているといい、同署は長年の恨みがあったとみて調べている。逮捕容疑は5日午前11時ごろ、自宅の寝室で就寝中だった夫の寿雄さん(83)に馬乗りになって体を押さえつけ、首をのこぎりで数回切りつけるなどして殺害したとしている。同署によると、のこぎりは刃渡り約25センチで、自宅にあったという。同日午後8時10分ごろ、丸容疑者が「のこぎりで夫を切った」と110番通報した。

毎日新聞より

丸容疑者は夫へ馬乗りになり、体を押さえつけた状態で刃渡り約25㎝あるのこぎりで殺害したとの事です。

事前にのこぎりを準備していたのか、元々家にあったものかは分かりませんが、就寝中に襲い掛かった事は完全に殺意をもった上での行動です。

丸容疑者は容疑を認めている様ですが、あまりにも悲惨な事件です。

丸洋子容疑者場の自宅場所は茅ケ崎市菱沼3-1-8

【TBSニュース】

外壁を塗装し庭の選定を行っていますが、こちらが丸容容疑者の自宅で間違いないと思われます。

住所:神奈川県茅ケ崎市菱沼3-1-8】

閑静な住宅街の一画で起きた事件となります。

これから一緒により良い生活をしていくためにリフォームされ、お庭も綺麗にしていたという訳では無かったのでしょうか?


丸洋子容疑者の顔画像とプロフィール

【FNNプライムオンライン】
  • 名前:丸洋子(まるようこ)
  • 年齢:76歳
  • 住所:神奈川県茅ケ崎市菱沼3-1-8
  • 職業:無職
  • 子供:長男(同居) 長女(別居)
  • 旦那の寿雄さん(83歳)を殺害した容疑で逮捕

上記記事には記載されていませんが、丸容疑者が犯行を起こしたのは午前11時頃で、犯行後娘さんに連絡を行い110番する様に促され、連絡したのが午後8時10分頃との事です。

110番するまでの約9時間、丸容疑者は何を思いどう感じていたのでしょうか?

丸洋子容疑者が夫を殺害した動機について

丸容疑者は殺害動機について「昔からお金を入れてくれなかったり、暴力を振るわれたりした」とコメントしており、夫に対して長年の恨みがあったとされています。

ただ、少し疑問なのは、83歳の夫に対して、「お金を入れてくれなかったり」というのはかなり昔の話をされている気がします。

お金に対して不満をもっていたのに、自宅はわりと最近リフォームをしています。

また、暴力も丸容疑者が言うようにあったのだと思われますが、83歳の夫が長男も同居している中で76歳の丸容疑者に対して頻繁に暴力をふるっていたのでしょうか?

寿雄さんは午前11時に寝室で就寝中に殺害されています。お昼前に寝室で寝ていたというのは、健康状態もあまり良くなかったのではないでしょうか?

過去の恨みをもっている人に対して、今後介護をやっていくという事を考えると耐えきれなくなったのではないでしょうか?

殺害しないといけない程の何かしらの恨みがあり、犯行に及んだ事は間違いないですが、「お金と暴力」以外にも丸容疑者に対して抑えきれない何か理由があったのではと感じてしまいます。

同居していた長男が何かしら原因について知っているのではと思います。


まとめ

茅ケ崎市菱沼の閑静な住宅街で起きた、妻が夫をのこぎりで殺害するという悲惨な事件。

丸容疑者は犯行を認めています。

のこぎりを使って馬乗りになって殺害するというのは、通常の心理ではない怒りを超えた状態だったのだと思います。

「お金や暴力」に対して長年の恨みがあったとされていますが、丸容疑者にとって感情を抑えきれなほどのきっかけが他にもあった様な気がします。

ですが、一番の問題は殺害という道ではなく他に必ず方法はあったはずです。

敏雄さんは戻ってくることはありませんが、心からご冥福をお祈り申し上げます。

世間の声

殺したいほど憎ければ離婚すれば良いのにって云う人がいるけど、昔の人って中々離婚出来ないものなんだよね。世間体とか金銭問題とか。長年の恨み分かる気がする。だけどここまで我慢したのだから、例えば弁護士に相談するとか息子さんに助けを求めるとかして欲しかった。そんな旦那のために手を汚す事なかったのに、残念

我慢に我慢を何十年も重ねて、年齢的にも理性の抑制すら限界だったのでしょうね もうすぐ自由になれたかもしれないのに、人生最後の最後で人に裁かれる人生になるなんて、気の毒です。これから年配になっていく女性は、自分のエネルギーがまだある内に悪い旦那さんからは逃げなくちゃですね。。。

積年の恨みはらしたり。残りの人生をかけて一番やりたかったことを実行したのだろう。

命を奪うのは決して許されないことだが、積年の恨みの火種を抱えていて我慢してきたのに、その相手に要介護の兆候が見えてきた途端に火種が大きな炎になるって、何か同様な事件概要で読んだ気がする。老齢獄中生活の方がマシと思うくらいの強い意思を感じる。

うちの親世代。恐らく息子はオレと歳が近いと思う。団塊の世代と団塊ジュニア世代。物凄く気持ちが分かる。昔うちの親父も、酔っ払って帰ってきて大暴れして母親を殴り、オレと姉は押し入れに隠れて親が寝静まった頃に這い出して食事して宿題して寝る。学校から帰ると母親が居なくて1週間ほどしてひょっこり帰ってくる、そんな毎日だった。事あるごとに、誰のおかげでメシが食えると思っとるんじゃと。ここには書けないような人権を無視した言葉を母親に毎日浴びせていた。息子として親父を殺そうと思った事も何度もある。離婚なんかできないんだよ、あの世代は。大人になって同世代と話すとどこも似た感じだった。オレたち世代の性格が歪んだのは親の影響が大きいと思う。戦後生まれの男は皆そんな感じ、それが格好いいとすら思っている。きっとこの夫は、許せない一言を言ったのだと思う。




シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です