伊勢崎市発砲事件の場所と原因は?暴力団銃撃事件の真相と動画あり!

伊勢崎市発砲事件

群馬県伊勢崎市の県道で発砲事件があり3人がけがをしました。

暴力団の抗争と見られており、10名以上が一斉に襲いかかっている瞬間が映っており恐怖を感じます。

事件が起きた場所の近くには小学校もあり、近隣住民からは「外に出るのも怖い」と不安の声があがっています。

事件が起きた場所はどこだったのか?暴力団銃撃事件の原因は何だったのか?

伊勢崎市発砲事件が起きた場所と原因・真相について検証していきます!


群馬県伊勢崎市で起きた暴力団銃撃事件について

【yahooニュース】

今回、伊勢崎市で起こった事件は下記になります。

4日午前5時ごろ、群馬県太田市の病院から「拳銃で撃たれたような傷を負った人が来た」と太田署に通報があった。来院したのは特定抗争指定暴力団山口組傘下組織の男性組長(48)ら3人で、組長が肩に、組長の関係者の男性(27)が顔に被弾してともに重傷を負った。「車にはねられた」と話しているもう1人の関係者の男性(30)は全身打撲の重傷。県警は暴力団同士の抗争の可能性があるとみて伊勢崎署に捜査本部を設置し、殺人未遂容疑で捜査している。県警によると、3人は同日未明、伊勢崎市本町付近で銃撃された。うち1人が「トラブルがあった」と話しているという。付近には少なくとも10人以上が集まり、午前3時半ごろには匿名で「もめ事があった」と伊勢崎署に通報があった。現場はJR伊勢崎駅から南に約750メートルの繁華街。騒動を目撃した近くの男性(65)は、「外で大勢の人がけんかしており、2~3人はバットを持っていた。車も10台以上はあった。『ぶっ殺してやる』という声も聞こえた」と語った。近所の女性は(81)は「街の真ん中で起きたと思うと怖い」とおびえた様子だった。周辺には幼稚園や小中高校などがあり、県警は4、5日の登下校時間帯に伊勢崎、太田の両市でパトロールを強化する。

毎日新聞より

男性2人が拳銃で撃たれて1人が車でひかれています。

死人が出なかったのが不思議ですが、警察は殺人未遂事件として捜査しています。

伊勢崎市の繁華街で起きた事もあり目撃者も多くいた様です。

伊勢崎市発砲事件の場所は「伊勢崎市元町3丁目にある信号機付近」

事件があった場所は「群馬県伊勢崎市元町3丁目の交差点」となります。

JR伊勢崎駅から750m程の距離であり、近くには飲食店・銀行・病院、そして小学校や幼稚園などもある場所となっています。


伊勢崎市発砲事件の原因や真相について

【小川泰平の事件考察室チャンネル】

元警察官で犯罪ジャーナリストでもある小川泰平さんが今回起きた事件を分かりやすく解説されています。

今回起きた銃撃事件の原因は3つの組織によるものと解説されています。

  • 住吉会
  • 稲川会
  • 六代目山口組

住吉会と稲川会が「伊勢崎市にいる大きな半グレ集団について話し合い」をしていたところに、仲裁として六代目山口組(4次団体栗山組の組長)が仲裁に入っていた様です。

そこから、何かしらの要因で仲裁に入っていた山口組(4次団体栗山組の組長)VS稲川会の抗争へと発展していったとの事です。

最終的には、栗山組組長(栗山良成 48歳)の肩に弾が貫通し、組長の息子も顎を負傷し、病院で治療を受け警察が事情を聞いたようです。

伊勢崎市発砲事件について世間の声

「怖すぎる」「トラウマになる」「早く逮捕してほしい」と住民の安心を願う声が多く投稿されていました。

顔に被弾とか怖すぎる。無事ななのがまたびっくり。ちゃんと全員逮捕されますように。無関係の人々に被害が出ませんように。

住民が安心して生活できるように抗争事件に関連した人間はすべて逮捕してほしい


まとめ

昨今、拳銃の発砲事件が目立っており不安・心配な状況が続いています。

元警察官である小川泰平さんの話では、1990年代暴力団の数は10万人に迫る勢いだったそうです。

現在でも、暴力団の数は全国に3万人近くいるそうです。

また、今回は、繁華街での発砲だった事もあり生の現場を目にした人や、銃声音を聞いた人達は多数います。

深夜だったとはいえ、近くに小学校や幼稚園もあり住民は不安です。

安心して暮らせる街づくりを心から願います。




シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です