サンド伊達のクレカが不正利用されたカード会社はどこ?補償されないケースも!

サンド伊達クレカ

サンドウィッチマンの伊達みきおさんがクレジットカードの不正利用被害に遭いました。

10万円以上するメガネなど数点が勝手にインターネット決済されていたのですが、クレジットカード会社が不正検知に気づき全額保証される事になりました。

クレジットカードの不正利用被害が相次いでいますが、伊達さんが使っていたクレジットカード会社はどこだったのか?また、不正利用されても保障されないケースとは?

サンド伊達さんの不正利用されたクレジットカード事件について検証していきます!


サンドウィッチマン伊達みきおのクレジットカード不正利用被害について

【サンドウィッチマン 伊達みきお オフィシャルブログ】

サンドウィッチマンの伊達さんが今回被害に遭われた内容は下記になります。

サンドウィッチマンの伊達みきお(46)が、クレジットカードの不正利用被害に遭ったことを明かし、「ふざけやがって…ボコボコにしてやりたいな」と怒りをあらわにした。

伊達は3日、「悪い奴がいるんだな。」のタイトルでブログを更新。「どうやら、僕のクレジットカードが不正利用された様で…。今朝、カード会社から電話があり『クレジットカードのご利用について確認させて下さい』と。。。」と書き出し、10万円以上のメガネなど、覚えのない数万円程度の商品数点がインターネット決済で購入されていたことが判明したと報告した。

不正利用された全額が補償されるとのことで、安堵(あんど)とカード会社への感謝をつづるとともに、「僕の場合は、カード番号が漏れたとかスキミングとかではなく、番号を組み合わされて利用された様だと。いるんだな…悪い奴が。当たり前だが、犯人は必ず捕まる。しかし許せないなぁ。ふざけやがって…ボコボコにしてやりたいな」と怒り、「クレジットカードの利用明細書、毎月必ず確認しといた方が良いですよ。バレない様に、少額の不正利用もあるみたいですから。気を付けましょう!」と注意を呼びかけた。

日刊スポーツより

最初に不正利用されたのは、10万円以上するメガネを不正に購入され、5分後に数万円の品を購入され、さらに5分後に数万円の品を購入されそうな時に、カード会社が制限をかけたとの事。

今回はすぐにクレジットカード会社が気づいて制限をかけて連絡をくれた様で、何より良かったです。

サンド伊達さんのクレカが不正利用された番号組み合わせ

【山田のレゾンデートルより出典】

今回、伊達さんのクレカが不正利用された手口は「番号組み合わせ」によるものでした。

  • カード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード

報道では、上記3つの項目をランダムに数字入力していき不正アクセスができた様です。


クレジットカードが不正利用されても補償されないケース

不正利用された際には、クレジットカード会社が全額保証してくれる様になっています。

ですが、下記3点の条件下では保障とならないので注意が必要です。

クレジットカードが不正利用されても保障されないケース
  • 補償期間が過ぎた:多くのカード会社では補償期間を不正利用から60日間に設定している
  • カード所有者の不備:暗証番号をカードの裏面に記載している、誕生日など推測しやすい暗証番号にしているなど
  • 家族や同居人が利用した:家族や同居人など身近な人が利用した場合は補償が受けられません

不正利用の被害に遭われた方のコメントを見てみると、「被害にあっていたけどカード会社から連絡がなくて期間が過ぎて補償してもらえなかった」というケースが散見されていました。

サンドウィッチマン伊達さんが使っていたカード会社とは

【東スポWEBより出典】

今回被害に遭った伊達さんからは、クレジットカード会社名の正式な報告はありませんでした。

ですが、伊達さんは地元が宮城県の仙台出身という事もあり、「楽天カードのPR記者発表会」にも選ばれており、楽天カードである可能性が高いと思われます。

そして、こちらの発表会では伊達さんが「フィギュアスケートの羽生選手にも楽天カードをオススメしたい」ともコメントしていました。

また、伊達さんは、基本的に現金しか使ってこなかったとの事で、「インターネット決済というものをこれまでにした事がない」ともコメントされていました。

もしかしたら、クレジットカードを作っていたのは楽天カード1枚だけだったが、たまたまそれを狙われたという可能性もありそうです。


世間の声

伊達さんと同様の被害にあった方々のコメントが多く寄せられていました。

こんばんは。夫も昨年初めて少額ですが同様の被害に合い気づかずにいましたが何度もあったみたいででカードの会社から確認の連絡がありあれっ?と。ネットで買い物した時に何かしら情報が流れてしまったのかも…と。それ以来クレジットは決まった範囲で使用しています。

私も先日自分のカードで妻へのプレゼントにネットで6万円の女性用鞄を購入しようと入力していくと何回もカードエラー発生カード会社に問い合わすルと男性名義で6万円女性用で怪しまれカードが使えないよう作動されたようでした

不正利用された方多いですね。実は私もです。何年か前に子供に頼まれて海外ブランドのダウンがクリスマス価格で安いから買ってといわれ、ネットで注文しました。次の日あれ詐欺かもと子供に言われましたが、あとの祭り。品物は偽物が中国から届きました。その少し後にカードの不正利用があるかもとの手紙をカード会社からもらいました。バイク、テーマパーク代やら使われていましたが、まったく住居とは遠い地方だったため、カード会社が連絡をくれたようです。引き落とし前だったため、被害はありませんでしたが、カードは再発行になりました。気持ち悪いですよね。悪人どもは、地獄に落ちろですよね。

まとめ

サンドウィッチマン伊達さんはクレジットカード不正利用の被害に遭いましたが、カード会社がすぐに不正に気付き全額補償となりました。

調べたところ、カード会社は基本的に24時間態勢で「不正検知システム」を導入しており、個人情報が盗み取られ不正利用された場合には、制限をかけて連絡をくれるようになっています。

ですが、全て確認できている訳ではなく、カード会社も気づいていなかったりして、補償期間が過ぎて補償してもらえなかったケースもかなり散見されています。

最終的には、自身で定期的な確認をしていく事に尽きると思われます。

こんな犯罪をしておいて犯人が捕まらないのがとても悔しいですが、不正利用の事例は今でも多発していますので、こまめな確認と、もし被害に遭ったらすぐにカード会社へ連絡をして未然に防いでまいりましょう。




シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です