高安秀次さんを殺害に追い込んだ犯人と場所は?ひたちなか市内病院へ女性が車で搬送!

高安秀次

千葉県香取市三島に住んでいた高安秀次さんがひたちなか市内の病院で亡くなりました。

全身にあざがあり心配停止状態で病院に運ばれ、相当な暴行を受けた疑いがあります。

また、病院への搬送は救急車ではなく30代女性1人が車で運んできています。

高安秀次さんの身に一体何があったのか?なぜこんな事が起こったのか?

高安秀次さんを殺害に追い込んだ犯人や場所などについて検証していきます!


高安秀次さんが心配停止状態で病院に運ばれ死亡した事件

【茨木新聞より出典】

今回起きた事件は下記になります

24日朝、ひたちなか市内の病院に体にあざがある状態で運ばれ、その直後に死亡した男性について、ひたちなか署は28日、死亡したのは千葉県香取市三島、職業不詳、高安秀次さん(39)で、司法解剖の結果、死因は筋挫滅による外傷性ショックだったと発表した。全身に暴行を受けた疑いがあり、同署は傷害致死容疑を視野に捜査している。

これまでの調べで、高安さんは24日午前8時54分ごろ、知人の30代女性が運転する車で病院に運ばれたが、心肺停止状態で、間もなく死亡が確認された。両腕には、変色した痕があった。病院から「体にあざがある男性が運ばれてきて亡くなった」と通報があり、同署が死因や身元の確認を調べていた。

茨木新聞

高安秀次さん(39歳)が亡くなったのは2月24日朝(8時55分頃に病院に搬送)になります。

死亡解剖の結果、高安秀次さんは筋挫滅(きんざめつ)による外傷性ショックにより亡くなった事が判明しました。

死因である筋挫滅(きんざめつ)とは

長時間にわたり手足などを圧迫され続け、その後解放されることで起こる病態になります。

筋肉が豊富な足などの部位が、4~6時間にわたり圧迫され続けることで発症すると考えられており、地震や戦争など、特殊な状況下で発生することが多いといわれています。ただし、1時間以内の圧迫で圧挫症候群を発症した例もあります。日本では1995年の阪神淡路大震災の際に多発したことで知られています。

メディカルノートより引用

「両腕に変色した痕」が見つかっており、縛られていた状態が長く続いていたと思われます。

震災など特別な例を除くと、4~6時間にわたり圧迫され続ける事で起きる現象との事で、数時間に渡って暴行が続いていたと感じます。

24日の午前9時前に病院に運ばれている事から、犯行は24日の深夜から朝方にかけて行われていたと推測されます。

高安秀次さんのプロフィール詳細

  • 名前:高安秀次
  • 年齢:39歳
  • 職業:不詳
  • 住所:千葉県香取市三島
  • 死因:筋挫滅による外傷性ショック(2021年2月24日死亡)
  • 搬送先の病院:ひたちなか市内の病院
  • 両腕には変色した痕あり

高安秀次さんが住んでいた場所から搬送された病院までは車で1時間半

事件が起こった場所は報道されていませんが、高安さんが住んでいた「千葉県香取市三島」から搬送された「茨城県ひたちなか市の病院」までは車で約1時間半(約70キロ)あります。

また、30代の女性がひたちなか市内の病院へ搬送してきたとの事です。

どの病院に運ばれたかは不明ですが、ひたちなか市内の総合病院で調べると「ひたちなか総合病院」「勝田病院」がありました。

  • ひたちなか総合病院(住所:ひたちなか市石川町20-1)
  • 勝田病院(住所:ひたちなか市中根5125−2)

わざわざ千葉県の香取市から茨城県ひたちなか市内の病院に1時間以上かけて連れてきたのでしょうか?

すでに意識がない状態で運ばれてきたと報道されており、少しでも早く近くの病院に連れていきたいと考えるのであれば、トラブルに見舞われた場所は茨城県内だったのではないでしょうか?

高安秀次さんを殺害に追い込んだ犯人は誰なのか

高安秀次さんを心肺停止までに暴行を行った犯人の特定は現状されていません。

ですが、高安さんが何かしらのトラブルに巻き込まれた事は間違いないでしょう。

また、両腕を縛られ暴行されていた事や、高安さんの職業が無職ではなく、不詳という事などから、シノギとの交流があった可能性が高まります。

これはヤクザの仕業かもね。ヤクザ関連の記事で死ぬ寸前まで暴行を加えたあと、病院に運べば傷害致死で殺人ではない言い訳ができると書いてあった。

yahoo掲示板

近所の人からの通報もなく、長時間に渡り暴行されていた事を考えると、人目のつかない場所で行われていたのだと思います。

高安さんが何をして、どんなトラブルに巻き込まれかは分かりませんが、人目のつかない場所で、手足などが縛られた状態で亡くなる寸前まで暴行され、本当に怖かったと思います。

高安秀次さんを搬送した30代の女性

報道では、知人の30代女性がひたちなか市内の病院まで運んてきたとされています。

女性はなぜ救急車を呼ばずに、高安さんを車に乗せ、病院まで搬送したのでしょうか?

少しでも早く病院に連れていかなければならいと思った、とっさの行動だったのでしょうか?

高安さんとの関係は不明ですが、病院まで搬送してきた女性が事件の詳細を知っていると思われます。


高安秀次さんが死亡した事件について世間の声

「犯人逮捕を願う声」と搬送してきた女性について「どこから運んできたのだろう」と疑問点もあがっていました。

全身となると、かなり酷いことされた模様だね。早急に犯人逮捕されることを祈ってます。

いつも思うけど誰だって1人や2人殺したい程の人間っていると思うけど暴力で解決したり殺してまでってしないじゃない。普通は手をあげる前にブレーキがかかるじゃない。気持ちを整理して乗り越えていくじゃない。こういう輩は気持ちのままに行動しちゃうのよね。暴走しちゃう。我慢ができない。小さい頃からの躾も関係してるのかな なんてふと思った。我慢ができないんだよね。小さい頃から我慢の訓練させられて大人になるもんね。

女は何処から男を運んで来たのだろう?

傷害致死って言うよりほぼ殺人ですよね?犯人逮捕されても、どうせまた「殺すつもりはなかった」「死ぬとは思わなかった」とかふざけた供述でしょうし。。。

死ぬまで暴行するって暴力団くらいじゃないか?ってのは昭和の時代か、、今や素人やガキが殺すまで暴行したり、監禁して殺したりする時代。半グレとか言う、マル暴で取り締まれないヤクザもいるし、、素人の方が恐ろしい

まとめ

高安秀次さん(39歳)が心肺停止の状態で病院に運ばれて死亡した事件。

死亡結果から、両手を縛られ全身に暴行された痕が見つかりました。

犯人の特定はされていませんが、車で搬送してきた女性から今後何かしらの証言があると思われます。

どんな理由であれ、39歳という若さで男性が暴行により亡くなった事は、心が痛む悲惨な事件であり許されない行為です。犯人が逮捕される事を望みます。

また、高安秀次さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。




シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です