飯塚市の団地で田中大翔くんを死亡させた父親の理由は養子に虐待?団地の場所も!


福岡県飯塚市にある県営団地で9歳の子供(田中大翔くん)が2月中旬に死亡していました。

また、2月26日に同じ父親の子供2人が、鹿児島市内ホテルで父親によって殺されました。

父親は無理心中を図り、ホテル4階から飛び降りましたが命に別状はありませんでした。

わが子3人を死亡させたあまりにも悲惨なこの事件。なぜ、父親は子供3人を死亡させ無理心中を図ろうとしたのか?

福岡県飯塚市と鹿児島市内で子供3人が亡くなった事件の詳細や場所について検証していきます!


福岡県飯塚市の県営団地と鹿児島市内ホテルで子供3人が死亡した事件

【東京新聞より出典】

今回起こった事件は下記になります。

鹿児島県警は27日未明、鹿児島市のホテル一室で26日夜、子ども2人の遺体が見つかったと発表した。警察官が駆け付けた際、2人と一緒にいた父親とみられる男性がホテルのベランダから飛び降り、病院に搬送された。男性が2人を殺害した疑いがあるとして、回復を待って事情を聴く方針。

鹿児島県警によると、25日午前、宮崎県内の商業施設でレンタカーが放置されているのが見つかった。借り主が福岡県飯塚市の男性(41)と分かり、福岡県警が自宅を訪ねたところ、養子とみられる男児(9)が死亡しているのを発見した。

男性は子ども3人との4人暮らしで、長男(3)、長女(2)とともに所在不明になっていた。26日朝、宮崎県警から「男性らが鹿児島方面に列車で向かっている」との情報があり、鹿児島県警は各署に手配。同日午後、3人が鹿児島市のホテルに宿泊しているのを確認した。

同日午後7時すぎ、男性らが宿泊するホテル4階の一室に福岡県警の捜査員が突入したところ、男性がベランダから飛び降りたという。男性は腰や脚などをけがしたが、意識がある状態だった。一室では3歳ぐらいの男児、2歳ぐらいの女児が死亡しており、遺書も見つかった。

鹿児島県警は殺人容疑事件として捜査を進め、遺体の身元を調べるとともに、司法解剖して死因を調べる。今後は福岡県警と合同で捜査する方針。

南日本新聞より

父親は41歳で、奥さんとは2020年12月に離婚していました。

また、父親と子供3人の合計4人で「福岡県飯塚市の県営団地」に住んでいました。

子供3人のうち9歳の田中大翔(ひろと)くんは養子(元妻の連れ子)でした。大翔(ひろと)くんは自宅の団地で亡くなっており死因は不明です。

また、鹿児島市内ホテルで、長男の蓮翔ちゃん(3歳)と長女の姫奈ちゃん(2歳)が死亡しており、死因は頸部(けいぶ)圧迫による窒息死で父親の犯行と見られています。

レンタカーに練炭!福岡県から宮崎を経由して鹿児島市のホテルへ

【TBSニュース】

2月中旬に大翔(ひろと)くんが亡くなり、3人でレンタカーを借りて宮崎県へ行っています。

なぜ宮崎へ向かったかは不明ですが、練炭が積まれており、本当は車の中で無理心中をしようと考えていた可能性もあります。

その後、鹿児島市桜島のホテルで2人の子供の遺体が見つかり、同時に自分もベランダから飛び降りています。

父親は警察に追われている状況を把握しながら、切羽詰まった状態で犯行に及んだと思われます。

整理すると下記の様になります。

  1. 福岡市飯塚市の県営団地で9歳の大翔(ひろと)くんが死亡
  2. 福岡でレンタカーを借りて3人で宮崎へ
  3. 宮崎県串間市に放置されたレンタカー発見(練炭あり)
  4. 鹿児島市桜島のホテルで2人死亡(3歳と2歳)
  5. 父親はホテル4階から飛び降りるも命に別状なし(ホテルから遺書が見つかる)

3人の子供を死亡させた父親について

  • 名前:不明【9歳の子供の名前は田中大翔(たなかひろと)くんと判明】
  • 年齢:41歳
  • 住所:福岡県飯塚市伊川 県営花瀬団地
  • 職業:不明
  • 奥さんとは2020年12月に離婚
  • 子供:9歳【田中大翔(ひろと)くん】・長男の田中蓮翔くん(3歳)・長女の田中姫奈ちゃん(2歳)3人とも亡くなる

福岡県飯塚市にある県営団地の場所

家族4人で住んでいた団地は【県営花瀬団地】になります。

福岡県飯塚市伊川の県営団地に住んでいたとの事で「伊川」の県営団地はこの1つとなります。

当初は奥様と一緒に家族5人で2020年5月に引っ越してきた様ですが、夫婦けんかが絶えずに警察沙汰になっていた様です。そして、奥様とは2020年12月に離婚をされています。

報道では、児童相談所の職員が何度か見に来ていたとの事で、父親から子供に対する家庭内暴力があった様です。

また、父親は金銭的にも困っていた様で近所の人からお金も借りていた様です。

父親と親交があった住民の男性は、入居直後の父親から「生活保護を申請しているが、まだお金が入ってこない。3万円貸してほしい」と頼まれて貸したという。当時は母親も一緒に暮らしていたが「夫婦げんかが絶えず、警察沙汰になったこともあった」と男性は明かした。駆けつけた警察官が子供たちに「お父さんとお母さんのどっちと暮らしたい」と聞くと、男児が「お父さん」と答えたのを覚えている。

毎日新聞

子供3人を死亡させ無理心中を図ろうとした原因について

田中大翔(ひろと)くんへの度重なる暴行

養子である9歳の大翔(ひろと)くんは父親から度重なる暴行を受けていました。

一方で3歳(長男)と2歳(長女)のきょうだい2人への暴行はなかった様です。

警察によりますと、父親は大翔くんへの暴行で過去5年間に4回、警察から児童相談所に通告されたということです。

父親は警察に対し暴行したことを認め、その都度、大翔くんは一時的に児童相談所に預けられたということです。一方で、3歳と2歳のきょうだい2人には虐待などに関する通告はなかったということです。

NHK NEWS WEB

父親の無理心中は田中大翔(ひろと)くんの死亡がきっかけか

【FNNプライムオンライン】

父親が大翔(ひろと)くんに対して何度も虐待をしていた事が分かりました。

奥さんとも「警察沙汰になるくらいの夫婦けんか」になっていたとの事で、大翔(ひろと)くんへの虐待に対して奥さんが止めていてトラブルになっていたのではないでしょうか。

ですが、報道では、「お父さんとお母さんのどっちと暮らしたい」との問いに大翔(ひろと)くんは「お父さん」と答えたと言っています。後の事を考えると、そう答えるしかできない状況だったのではないでしょうか。

結果的に、大翔(ひろと)くん・3歳・2歳の子供は父親が引き取る形になっています。

2020年12月に奥さんと離婚して2か月後に、大翔(ひろと)くんは亡くなっています。

「離婚」をした事で大翔(ひろと)くんへの虐待はますますエスカレートしていたのではないでしょうか?

そして、結果的に大翔(ひろと)くんが亡くなり、その重圧に耐えきれず無理心中を図ろうと思った様に感じてしまいます。

どんな理由であれ、子供を巻き込むなんて事はもっての他であり、3人の命を奪ったという行為は決して許されない行為であります。


世間の声

「父親」「母親」「児童相談所」すべてに対して問題があった事を指摘するコメントが多く集まっていました。

この子ども達がどんな思いをして暮らして来たのか、お母さんもいなくなって、小さな体で無抵抗で、どんなに辛かっただろう。

状況的にこの父親と子どもだけにしちゃいけないのに、何故放置されてしまったのか大きな問題。

生活とかキツイのはわかるけど…子供は生かして欲しい、施設預けるとかあるだろうに…ご冥福お祈り致します。

ひどい…福岡市にいたときから、虐待があったのに、お母さんは、子供を引き取らなかったの?無理矢理にでも引き取って守ってあげてほしかった。

お父さんも、3人のわが子に手をかけたのは、どうして?育てられないなら施設に預けてあげてよ…子供達が浮かばれません。可愛い盛りの子にこんなことするなんて、どんな事情があっても許されません。

大変なことは、沢山あったんだろうけど、殺めたらいけない。子供達怖かっただろう‥どうか天国でやすらかに。。

過去にも父親が虐待によると思われるトラブルを起こしていたのに、去年12月に離婚した母親が子供たちを引き取らなかったのか。

父親が手放さなかったのか、母親が置いて出て行ってしまったのか。子供たちの絶望を考えるとやるせない。児童相談所が見守っていたというのはこんな結果になってしまっては信用できない。

あまりにも酷く救われない。母親が親権を取れなかったのかな。

父親は人でなし…。いつも泣くのは、子供達だよね。

まとめ

3人の幼い子供が命を落とした今回の事件。

遺書を書いていた父親でしたが、命に別状はなく回復を待ち事情聴衆となっています。

今後、父親がなぜこの様な行為に及んだのか明らかになってくると思われます。

今回の事件は、大翔(ひろと)くんへの虐待と死亡が要因なのではと感じています。

3人の命を奪った父親の行為は大きな犯罪であり許されざる行為です。

3人の子供達に心からご冥福をお祈り申し上げます。




シェアしてくれると嬉しいです!

2件のコメント

母親ガーってのは記事を見てない奴だよな。
「子供が父親についていくと答えた」
「父親は虐待常習犯で、警察に通報が何度もあった」
「母親は父親に反抗し続けていたが、離婚直後子供が皆殺しにされた」

これを読んで、
・母親が虐待に抵抗していた事
・警察が介入するほどの暴行が繰り返されていたが、都度、通報をしている事
・数年間にわたって、母親が夫に抵抗し、児童相談所の助けを受け入れる事に成功していた事
がわかる。

一方で、子ども本人が父親につくと言った場合、法も母親も子を連れ去る事は出来ない。
それをすると誘拐罪となり、罰されるからだ。
バッシングしている人々は、事実を知らなさ過ぎ、結果として「罪のない被害者に、父親と一緒に攻撃をする邪悪な存在」となっている。

犯罪は無くならないが、犯罪に加担する人々は知識とモラルがあれば減らす事が出来る。
もっと考えるべきではなかろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です