生田紀二容疑者の顔画像や放火理由は?妻が2回も川越署に相談!

生田紀二

埼玉県川越市で別居中の家族ら7人を殺そうとした夫が逮捕されました。

逮捕された男の名前は生田紀二(いくたのりふみ)容疑者45歳となります。

幸いにも子供が出火に気づき早く避難できた事で、火事の被害に遭うことはありませんでしたが、巻き添えになる可能性もありました。

生田容疑者はなぜ死人が出るかもしれない放火を行ったのか?生田容疑者とはどんな人物なのか?

川越署に妻が2回も相談していた夫である生田容疑者について検証していきます!


生田紀二容疑者が殺人未遂で放火した川越市石原町の火事について

【FNNプライムオンライン】

今回の事件は下記になります。

妻などが住む住宅に火を付けたとして、埼玉県警捜査1課と川越署は25日までに、現住建造物等放火と殺人未遂の疑いで、川越市月吉町、会社員の夫(45)を逮捕した。

逮捕容疑は10日午前4時23分ごろ、川越市内の民家に火を付けて、木造2階建て住宅を全焼させ、別居中の40代の妻や娘ら計7人を殺害しようとした疑い。

同課によると、民家には夫の妻や義母、娘ら10~70代の男女7人が住んでおり、出火当時はいずれも就寝中だった。自宅の浴室付近の壁から火が出ていることに気付いた家族が通報、けが人はいなかった。

関係者らの話から夫が浮上。県警はこれまでに夫に関する相談を2回受けているという。

夫は「家に火を付けた」と容疑を認めているという。

埼玉新聞より

生田紀二(いくたのりふみ)容疑者が単独で行った犯行であり容疑も認めています。

放火された家には40代の妻・中学生・高校生・20代の娘・妻の母親なども一緒に住んでいたとの事です。

また、住民が火柱に気づいたのは午前4時20分ごろだったとの事で、生田容疑者が犯行を行ったのは完全に寝静まっている午前3時~4時頃という事で、完全に殺意があった事が伺えれます。

生田紀文容疑者について

【FNNプライムオンライン】
  • 名前:生田紀文(いくたのりふみ)
  • 年齢:45歳
  • 職業:運送会社社員
  • 奥さん・子供と別居中であり生田容疑者は川越市月吉町に住んでいた
  • 川越署は妻から夫に関する相談を2回受けていた
  • 近所からはニコニコ挨拶してくれて評判が良かったとの事

火事の被害にあった自宅について

【ANN NEWSより】

奥様や子供達7名は「川越市石原町」にある、奥様の母親宅で住んでいました。

木造2階建て約80平方メートルと立派な自宅だった様ですが、今回の火事で全焼してしまいました。

また、夫の生田容疑者は石原町から大体1~2キロ程離れた「川越市月吉町」に住んでいました。月吉町に元々家族全員で住んでいた自宅がある様です。

【マップファンより】
【FNNプライムオンライン】

生田紀二容疑者の顔画像や放火理由について

生田容疑者が放火した理由や動機の正式な発表はされていません。

ですが、事実として奥様が2回も川越署に相談しており、内容については報道されていません。

憶測で話すことは良くないですが、家庭内でのトラブルで思いつくことで言えば、やはり奥様や子供に対してのDVという可能性も出てきます。

生田容疑者は現在45歳ですが、お子様は20代と高校生と中学生の子供がおり、比較的若くに結婚をされた様です。

家庭内トラブルから奥様達は母親宅に避難し生活をしていましたが、旦那は孤独を感じ現状にどうしても気に入らなかったのでしょうか!?

どんな理由であれ、7人の命を奪おうとした生田容疑者。住宅街という事もあり、他の住宅にも被害が出る可能性もあり、決して許されない行為であります。


生田紀二容疑者が起こした事件について世間の声

子供達の事を心配する声が多くあがっていました。

全員が無事だったという結果論ではなく、死人が出る可能性は十分にあったので そういうプロセスに対して厳格な罰則での判決を出して欲しいところです。

自分の子供もいたんじゃない?色々な事情があったとしても 

よくもまぁ こんな事を考えるな。。凶暴すぎる。

入り婿で嫁の家から追い出され・・その恨みかと思う。

もうあの町には住めないだろうし学校変えたりあるいは名字変えたり

子供の事考えるとつらい、、

まとめ

埼玉県川越市の住宅街で起こった殺人未遂放火事件。

幸いに被害に遭った人はいませんでしたが、父親が自分の妻や子供達に対して放火したことは考えられない事であり、何より子供達の心に一生大きな傷を残してしまう出来事です。

時間はかかると思いますが、少しずつ良い方向へ進んでいってくれる事を願います。

また、放火は重大な罪に問われる事だと思います。

生田容疑者は一生をかけて罪を償って頂きたいと思います。




シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です