株式新聞を無料で見る方法は?スマホで見れる情報量や機能がスゴイ!

株価新聞

モーニングスター社が発刊している「株式新聞」を無料で見れる方法があります!

通常は月額4000円必要となりますがDMM株の口座を開設すると無料で見れる様になります♪

スマホやパソコンから見やすい画面となっており日本株や海外株の情報も取ることができます。

株式新聞を無料で見る方法やスマホでの見方や機能について分かりやすくお伝えします!


株式新聞を無料で見る方法はDMM株を口座開設して「スマホやパソコン」から見れる!

株式新聞はSBI傘下の「モーニングスター社」が発刊しています。

1949年創刊で70年以上の歴史があり証券専門誌ではトップシェアです。

2018年から新聞だけでなくモバイル&タブレット向け端末を展開しており、特に新聞ではなく、モバイル&タブレット向けの方が多くのコンテンツと早く情報を取れます!

通常では月額4000円支払い購読することができる株式新聞ですが、「DMM株」を口座開設してログインすると、誰でも無料で「モバイル&タブレット向けコンテンツが見れる」ようになります!

DMM株から株式新聞の見方

【DMM株口座開設】→【ログイン】→トップ画面【投資情報】→【株式新聞】を押すと【IDと初期PWが付与】されて株式新聞(モバイル&タブレット向けコンテンツ)を閲覧可能!

株式新聞の「ウェブ&アプリ」と「紙面」とのサービスの違い!

株式新聞ではスマホで見れるモバイル向けにかなり力を入れていて「紙面」との違いは下記になっています↓↓

 株式新聞ウェブ・アプリ株式新聞(紙面)
更新時間当日17:30宅配の場合翌日
記事紙面向け約30本/日
+
速報記事約100本/日
紙面向け約30本/日
記事検索×
過去記事×
データ限定的
ツール

上記の表を見ても分かる様に、株式新聞ウェブ・アプリの方が「100本も多くの速報記事」を見ることができ、その日の17:30に更新されるので夕方には新しい情報を知れるのは嬉しいですね♪

株式新聞をスマホで見る「便利な機能」&「使い方」を紹介!

株式新聞をスマホアプリからダウンロード

株式新聞のスマホアプリも使いやすく「App Store」「GooglePlay」からダウンロード可能です!

App Storeでのダウンロードはこちらから

GooglePlayでのダウンロードはこちらから

株式新聞スマホアプリの便利な機能

上記の画像が株式新聞アプリのメインページとなります。

①トップページ一番下にメインジャンルが3つ【「メインページ」「銘柄総合」「MY株価」】あります。

気になっている銘柄コードを押すと「銘柄比較」「ニュース」「業績&概要」「指標」「組み入れファンド」「適正価格」という全ての項目を確認することができ、株式投資に役立つ情報を得ることができます。

②一番下から2番目に8つから選べるコンテンツがあります【「速報」「注目株」「新興市場」「私設市場(PTS)」「プレミアム記者」「決算速報」「マーケット情報」「紙面」】

「速報」では【1日100本】あがってくる速報記事を見ることができ、「注目株」では独自取材から出している記事&厳選の1本を見ることができ、「プレミアム記者」では株式新聞が持っている【人気の連載人(山本伸先生や第一生命研究所の永濱利廣氏)】の記事などが見れます。「紙面」では紙の新聞をPDFの状態で読むことができ、過去分2011年から見れます。

③一番上にはテーマ&カテゴリーごとに分けられた話題のジャンルなどを直観的に選べれるようになっています。

「新型コロナ関連」や「注目株」など分かりやすく知りたいジャンルの情報収集ができます。

株式新聞アプリおすすめ機能2選

個人的に特におすすめな機能としては、「国内IPO」と「決算カレンダー」です。(トップページの下から2番目に選べれる8つのジャンルにあります)

「国内IPO」の上場予定カレンダーを一覧でみることができると共に、企業情報も詳しく調べてくれており、上場する前の企業情報はなかなか集めにくいのでありがたいです♪

「決算カレンダー」は、上記の様に決算発表予定企業数と決算期も一目で分かりやすくまとめてくれていますので、スマホで簡単に見れるのはありがたいです♪


株式新聞を無料で見る方法まとめ

今回、株式新聞について調べて分かったことは、とにかく情報量が多く、かつ直観的に使いやすいので自分の知りたい情報を探しやすいと感じました。

以前は国内株だけでしたが、米国株情報も得ることができ、米国IPO情報も簡単に得れるのもありがたいと感じました。

70年以上の歴史を持つモーニングスター社が集めている情報を無料で見れるのは、個人的にはとても嬉しく価値が高いと感じています。

株式投資だけでなく、就職活動や企業について知ることができるので上手く活用して頂ければと思います。

DMM株の口座開設で株式新聞の閲覧可能となりますのでスマホアプリと合わせて見てくださいね!

\DMM株は国内株業界最安水準・米国株は手数料無料/

DMM株口座を開設する費用や維持管理費用も一切かかりませんのでご安心くださいね。

また、日経新聞を無料で見る方法についてもこちらの記事で記載しておりますのでご参考ください♪

日経新聞を無料で読む方法は?楽天証券でスマホやパソコンから閲覧可能!




シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です