LINE証券投資信託銘柄おすすめは?【全30銘柄比較】まとめ!

LINErライン証券投資信託

LINE証券で投資信託の銘柄は一体何がおすすめなのか?

投資信託は種類がたくさんあり何を重視して選んだら良いのか分からない!

日々相場と向き合ってきた元証券マンが、LINE証券投資信託の全30銘柄を比較しながらオススメ銘柄をお伝えします!


LINE証券で投資信託を購入するメリットと注意点について!

LINE証券で投資信託を購入するメリットについて4つ上げておきます!

  • 全銘柄すべて購入時手数料無料
  • LINEPay&LINEポイントに対応 1ポイント=1円として購入にあてることができる
  • 100円からでも購入でき毎月の「積み立て」は1000円から設定できる
  • LINEPayを使った入金が早くて簡単な操作となっている

一番大きなメリットは、全銘柄が購入時手数料無料という点です。

通常、「アクティブファンド」は購入時に3%(税込み3.3%)かかるのが通常なのですが、「全て無料」というのは積み立てをしていく上でも毎回3%必要ないので大きなメリットになります。

一方で注意点も2つもあります↓↓

  • NISAには非対応
  • 出金時(銀行振込時)には振込手数料が必要

LINEPayにお金を戻す時には無料ですが、銀行口座へ戻す時に手数料が必要となります。

LINE証券の口座開設はこちらから!!

LINE証券投資信託おすすめ銘柄について!

LINE証券の投資信託は全部で30銘柄あります。

次の文章で、全銘柄の1年間のリターンをランキングにしていますが、どうしても「オススメ」=「パフォーマンスが良い」というとこにもなってきます。

そんな中でも4つ上げてみました!

インデックスファンド
  • iFreeNEXT FANG+インデックス
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

インデックスファンドのメリットはとにかく「運用手数料が安い」という点です。

運用手数料「iFreeNEXT FANG」0.7755% 「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」0.0968%です

そして、「FANG」(Facebook&Apple&Netflix&Google)4銘柄に絞って投資でき、1年間のパフォーマンスでは一番良く、今後も米国&世界を代表する4銘柄に絞った「FANG」ファンドは今後も堅調だと感じています。

また、「S&P500」はより「分散を効かせて」米国の優良500銘柄に投資できます!

「S&P500」は投資の神ウォーレンバフェットも、最も推奨しているといっても良い投資対象の1つであり、運用手数料も年間で0.1%以下と非常に効率の良いファンドです。

アクティブファンド
  • nextWIN GSテクノロジー株式ファンドB(ヘッジなし)
  • 東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン

アクティブファンドの運用手数料はインデックスファンドと比べると高いですが、その分高いパフォーマンスを出す為に運用会社がリサーチに努めています。

「nextWIN」はゴールドマンサックスが米国のIT企業約40銘柄に絞って投資を行っています。

米国のIT企業の株価は相対的に上がっていますが、その中でも銘柄選定は上手いと感じます。

また、日本株ファンドの中では「東京海上・ジャパン・オーナーズ」が魅力的です。

「オーナーズ」と商品名にある様に、社長などの経営者が実質的な主要株主である企業は、長期的に株価が上がっている企業が相対的に多いです。(株価を上げる対策を行う傾向が強い)

インデックスファンドとアクティブファンドを両方比較しながら保有してみても良いですね。


LINE証券投資信託の全30銘柄について比較と見るべきポイント!

LINE証券で現在(2020年12月)扱っている銘柄は全部で30銘柄あります。

下のグラフでは1年間のリターンが良かった順に上から並べてあります。

1位は「FANG」のインデックスファンドで、2位~11位までがアクティブファンドとなっています。

また、1位~3位が米国株式で運用している商品となります。

この1年間、中央銀行の金融緩和などにより相場が後押しした点もありますが、基本的には、今後も米国株式を中心の投資対象として、ポートフォリオ組んでいることが良いと感じています。

一番下の4銘柄は、まだLINE証券のラインナップに入って間もないので1年間のリターンを計算できていないのですが、商品名に「レバレッジ」「トリプル」「4.3倍」などは通常の値動きよりも、約2倍・3倍・4倍と値動きするものなので、リスクが上がることにはご注意ください。

銘柄

(全銘柄1位~30位1年リターン順)

1年リターン(2020年11月末)1年前に10万円購入していた場合運用手数料純資産
iFreeNEXT FANG+インデックス+86.67%+86670円0.7755%116億円
nextWIN GSテクノロジー株式ファンドB(ヘッジなし)+35.49%+35490円2.09%6326億円
楽天・米国レバレッジバランス・ファンド+30.13%+30130円0.4945%66億円
フューチャートレンド世界株+24.70%+24700円1.485%0.26億円
アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信 Bコース+24.65%+24650円1.727%2191億円
スパークス・新・国際優良アジア株ファンド+21.46%+21460円1.925%5.6億円
スパークス・新・国際優良日本株ファンド+20.81%+20810円1.804%984億円
ひふみプラス+20.66%+20660円1.078%4504億円
東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン+16.56%+16560円1.584%494億円
コモンズ30ファンド+14.73%+14730円1.078%234億円
One国内株オープン+13.95%+13950円1.76%157億円
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス+12.82%+12820円0.187%439億円
三菱UFJ グローバル・ボンド・オープン(年1回決算型)+12.15%+12150円1.21%131億円
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)+11.01%+11010円0.0968%2172億円
eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)+9.42%+9420円0.1144%722億円
eMAXIS Slim先進国株式インデックス+9.15%+9150円0.1023%1454億円
バリューハント日本株+5.97%+5970円1.375%0.05億円
eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)+5.69%+5690円0.154%245億円
ブラックロックおまかせバランス投信+1.44%+1440円0.693億円0.37億円
エマージング・ソブリン・オープン(1年決算型)+0.67%+670円1.727%126億円
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)-0.01%-10円0.154%702億円
エス・ビー・日本債券ファンド-0.9%-900円0.902%70億円
フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド(資産成長型)-1.82%-1820円1.65%387億円
三井住友・配当フォーカスオープン-4.29%-4290円0.924%46億円
eMAXISプラス コモディティインデックス-9.98%-9980円0.9%22億円
フィデリティ・USリート・ファンド・Dコース-14.78%-14780円1.463%211億円
iFreeレバレッジNASDAQ100集計対象外集計対象外0.99%413億円
楽天日本株トリプル・ブル集計対象外集計対象外1.023%85億円
楽天日本株4.3倍ブル集計対象外集計対象外1.243%277億円
楽天日本株トリプル・ベア4集計対象外集計対象外1.023%46億円
LINE証券の口座開設はこちらから!!

初心者におすすめ投資信託の買い方は「つみたて」!

出典:LINE証券公式HP

これから始めて投資信託を購入してみるという方や、いつ買って良いか分からないという方などには、「積み立て」投資がオススメです!

毎月第一営業日(月初)に自分で決めた金額を自動的に購入してくれます。

一番のメリットは、毎月定期的に購入してくれるので、取得した価格が平均化されていき利益が出やすい手法(ドルコスト平均法)として多くの投資家が使っています。

上記の画像の様に、シュミレーションもできるので自分にあった「積み立て」のやり方が見つかると思います。

「積み立て」のやり方についてはこちらの記事で画像つきで分かりやすく解説しています↓

LINEライン証券つみたて

途中で金額を減らしたたり、やめる事も簡単にできますのでまずはより良い資産作りに挑戦してみて下さいね。


まとめ

今回はLINE証券投資信託の全銘柄についてお伝えしオススメをお伝えしてきました。

投資信託は1銘柄に投資する株式とは違い、運用会社が複数銘柄に投資して運用してくれるので、「分散投資」という観点からリスクを減らすことができ、資産運用に適している投資手法です。

これまでの投資信託は、手数料が高くてなかなか利益を出しにくい時もありましたが、LINE証券では先立って全銘柄手数料無料で、インデックスファンドだと運用手数料も0.1%以下の銘柄もあり、利益を出しやすい環境になってきていると感じます。

また、「積み立て」という「時間の分散効果」を使うことで、更に利益を出しやすくもなります。

「コツコツ」少額でも良いので自分の資産作りに取り組んでいくと、数か月・数年・数十年後には大きな成果を生んでくれると感じています。

LINE証券の口座開設はこちらから!!

また、LINE証券では「タイムセール」という株を割引された価格で、お得に購入できるキャンペーンも定期的に行っています。

こちらの記事もご参考くださいませ↓

SALEをしている




シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です