DMM株口座開設手順やり方!画像付きでわかりやすく解説!

DMM株口座開設

DMM株の口座開設手順(やり方)について画像付きで解説します。

スマホやパソコンから入力を行い5分程あれば完了できます。

DMM株口座開設の手順やり方について画像付きでわかりやすく解説します!


DMM株口座開設手順やり方について画像付きで解説

まずは、DMM株公式HPより【口座開設】から申込みます!

(↓下記リンクより公式HPへ↓)

株をはじめるなら、DMM.com証券

口座開設の種類は「個人」を選びます(会社の資金でやる場合には法人をチェック)

契約締結前交付書面(けいやくていけつまえこうふしょめん)の確認、承諾」をチェックします!

「特定取引を行う者の届出」との事で「居住地国日本」と「租税」について「はい」を選びます。

「名前」「性別」「国籍」「生年月日」「電話番号」「メールアドレス」を入力します!

「現住所」を番地やマンション名・部屋番号まで記載漏れないように記入する!

住所は免許証など本人確認書類と同じ住所でなければ口座開設できませんのでご注意下さい!

現在の大体の「年収」「金融資産」「投資可能額」と「自分の資産である」にチェック!

「投資目的」を最低1つ入力して、「取引の動機」「投資経験」についてそれぞれ入力していきます。投資が始めてという方は、投資経験は全て「未経験」をお選びください。選んだものによって何か制限がかかる事はないのでご安心ください。

こちらも特に経験がなければ「未経験」にチェックの上お進みください。

上記の様に「特定口座開設する(厳選徴収あり)」をお選びください。

利益が出れば自動的に源泉徴収してくれて、損がでれば税金が還付されたりと確定申告も必要ない便利な口座の種類です。

他の特定口座を開設しなかったり、厳選徴収をしなかったりすると確定申告での手間も増えるのでおすすめではありません。

「株式数比例配分方式」とは株の配当金を証券口座で受け取る方式です。以前は郵便局まで取りにいかないといけなく面倒だったのですが、チェック入れておきましょう!

信用口座とは、自分の持っている金額以上(3倍の金額100万あれば300万円分)株を買ったり売ったりできる口座です。

レバレッジをかけて大きく取引してみたいという方は開設しておいても良いかもしれませんが、反対に損が大きくなると追証(おいしょう)といって、追加でお金を入れないといけない様な状況も起こりうるハイリスク・ハイリターンの取引口座となります。

口座開設した後でも、無料で申し込みできますの迷っている方は後で検討でもいいかもしれません。

信用取引口座には別で審査がありますので、基本的に資産が少なく投資経験も無しだと審査には落ちてしまう可能性が高いです。金融資産と投資経験が十分と判断されると審査に合格できて信用取引口座が開設となります。

また、NISAを他の金融機関でされていない人は「ない」を選んで開設しておきましょう。

ここまで来たらもう少しです。一番下の「確認画面」を押して入力内容に問題がなければ「申し込む」を押して本人確認へと進んでいきましょう。

本人確認は書類送付かスマホから手続きをするかのどちらかですが、スマホから手続きの方が簡単に早くできるのでおすすめです!動画で説明もされているのでご参考ください。

本人確認の手続きが済んだら後は、審査完了のメールが登録メールアドレスにきます。数日かかる場合もあります。

DMM株口座開設手順やり方のまとめ

今回はDMM株の口座開設の手順やり方について画像付きでお伝えしました。

DMM株はネット証券で唯一、米国株式の取引き手数料が「買い」でも「売り」でも金額に関わらず手数料無料です。

そして、口座開設から1カ月間は国内株も取引手数料も無料となっていてオススメの証券口座です。

特にこれから株式投資をスタートさせる方や、1社2社しか証券口座をもっていない人も使って比較してみる価値はあると感じています。

株をはじめるなら、DMM.com証券

また、米国株では自動運転&電気自動車の先端を走り続け投資家から注目を集めている「テスラ」と、上場間もなく株価を3倍にしたビッグデータ保管&分析の「スノーフレイク」も注目です。

テスラ人口知能
スノーフレークの株価が今後どうなる



シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です