スノーフレーク株価今後どうなる?上場後3ヵ月で株価3倍達成!

スノーフレークの株価が今後どうなる

スノーフレークの株価が上昇を続けており上場後3ヵ月で3倍を達成!

株価上昇を続けている要因は一体何なのか?また今後も上昇は続くのか?

スノーフレークの株価上昇理由と今後の見通しも含めてお伝えします!


「スノーフレイク」は2020年9月に米国で上場した注目IT企業!

出典:スノーフレイク公式HPより
ミンくん

コーンフレーク?何かおいしそうだね♪ゴクッ

マネちゃん

スノーフレークよ!(ビシッ)

2020年9月に米国のニューヨーク証券取引所に上場したIT企業よ。

IPO価格は120ドルだったけど初値で245ドルと倍をつけ、そこから現在も上昇を続けている注目企業よ!

どんなことをしている会社か簡単にお伝えするわね♪

スノーフレークとは
  • 2012年設立。本社は米国サンフランシスコ。2020年に9月に新規株式公開
  • データウェアハウス(クラウド上でビッグデータの保管や分析)事業を行っている
  • 特に大企業は事業を行っていく上でデータの保管(ビッグデータ)が重要になってきており、スノーフレークは、Amazonやグーグルが行っている同様のサービスと比べても、「低価格で高性能」という事でシェアを広げている
  • 全世界3000社を超す顧客がおり、その中でも米国を代表する企業フォーチュン500(総収入全米TOP500社)のうち既に150社以上が顧客となっている
  • スノースレークCEOのフランク・スルートマンは、米国ビジネス誌フォーブスで「世界で最も革新的な企業ランキング1位」となった「サービスナウ」の元経営者


とも’s投資ゼミ↑でも分かりやすくスノーフレークについてお伝えしています

スノーフレーク株価が上がっている理由(要因)は成長率と期待感と相場の後押し

ミンくん

IPO価格が120ドルで上場から3ヵ月で株価が3倍になったけど何で?

マネちゃん

上場前から投資家からの期待は高かったのだけど一番は成長率の高さが理由の1つね

他にも株価を後押ししている要因はあるわ!

スノーフレーク株価上昇要因
  • 投資の神といわれているウォーレンバフェット氏率いるバークシャーハサウェイがIPO株に出資をするという事で更に注目を集めた
  • 投資家から人気のテック業界(ITを駆使して開発や運営を行う企業)の中でも、スノーフレークは特に注目されていた
  • 成長率は100%超え粗利率も60%と高い点も投資家から好感
  • 2020年9月~12月にかけてNYダウ&ナスダック含めて相場の上昇の後押しもあった


スノーフレーク株価チャートと今後の見通しについて

ミンくん

今後の株価どうなるんだろ・・?

マネちゃん

初値で245ドルをつけてそこから2か月程は300ドルをなかなか突破できたなかったのだけど、12月に入って大きく大陽線を作り節目だった300ドルを超えてきたわ。

次は、下値300ドル上値400ドルをしっかり上抜けれるかが注目ね!

長期的にみればとても有望な企業だと感じるわ。

今後、更に需要が高まるビックデータを管理し、そのデータを効率的にマーケティングへ活かし、他社と比べても低コスト高性能なサービスを提供しながら利益率が高い点が良いわね♪

一方で、懸念点もあるから注意も必要よ!

注意点として→先行投資がかさみ現状赤字企業であるということ。

2020年度は3億4,850万ドル(前年の1億7,800万ドルから拡大)、2021年度上半期も1億7,130万ドル(前年同期の1億7,720万ドルからわずかながら縮小)の赤字となっています。

2020年は約3億5000万ドルの赤字だったので、日本円で約370億円くらいの赤字ということなので、かなりの規模ですよね。

ただ、株価というものは、現状の赤字という事実も踏まえた上での今の株価となっています。

それ以上に、企業としての成長と期待感が投資家からの注目と期待を集めているのだと思います。

ただ、決算発表などで、大幅な成長率の鈍化などがあれば株価も売られる要因となるので、今後も注目していきたい銘柄の1つです。

似たようなサービスで、もっと大企業と資金も潤沢のある優良企業としては、セールフフォースやサービスナウが挙げられるので、この辺りも分散投資の銘柄として注目しても良いかもしれません。

スノーフレーク株価のまとめ

今回は、2020年9月に米国で上場したスノーフレークの株価についてお伝えしました。

これまで、企業はデータをすべて紙で保管していた時代から、すべてがクラウド上で管理されていき、そのデータはますます膨れ上がっていくことになると思います。

その受け皿として、スノーフレークが展開している事業は時流にのったビジネスだと感じています。

データ管理などは目にみえなく、分かりにくいものですが、投資という観点でみれば、成長率・利益率なども含めて他の業種では出せない様な魅力的な市場があると感じています。

中長期的には時流にのって企業の成長&株価の成長が見込める銘柄だと感じています!

スノーフレークなど米国株の新規上場(IPO)銘柄取扱数に関しては「マネックス証券」が充実しています。

マネックス証券の口座開設はこちらから!!

また、「DMM.com証券」では米国株を買う時も売るときも取引手数料無料です!!

株をはじめるなら、DMM.com証券

そして、米国株で投資家から注目を集め続けている電気自動車&自動運転の最先端を走っているテスラ社についてもお伝えしていますのでご参考ください↓↓

テスラ人口知能



シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です